桃花スリム 副作用

12種類のハーブでドッサリ!爽快!!
30日間の全額返金保証付きは自信があるから。
公式サイトは以下の画像をクリック!


桃花スリムに副作用はあるの?

桃花スリムは便秘に効き目があるお茶として人気ですが、副作用があるとの噂が広がっています。

 

桃花スリム,副作用

 

いくら便秘に良いからと言っても、副作用が強く出るようでは買うのをためらってしまいますよね。

 

このページでは、桃花スリムを飲むことで起こりうる副作用をお伝えします。

 

そして、副作用が出ない飲み方についても解説しています。

 

参考になさってください。

 

桃花スリムの副作用はコレ!

 

桃花スリムの副作用としては、下痢と腹痛があります。

 

なぜ下痢と腹痛が起こってしまうのかというと、原材料にキャンドルブッシュが含まれているからです。

 

キャンドルブッシュには下剤成分であるセンノシドが含まれていおり、便秘解消効果やダイエット効果が期待できます。

 

このセンノシドは便秘茶でなく、市販の薬にも広く使用されています。

 

 

下剤成分だからと言って、体に悪いものではありません。

 

むしろ頑固な便秘に悩んでいる人にとって、効果が期待できる成分なのですが、

 

飲み方に気をつけないと、下痢や腹痛を起こしてしまいます。

 

胃腸の弱い人が「便秘に良いから」という理由で何杯もガブガブ飲んでしまうのは危険です。

 

では、桃色スリムをどのように飲めば、下痢や腹痛を起こさずに済むのでしょうか?

 

副作用を起こさない安全な飲み方

 

副作用を起こさないようにするためには、濃さを調節しながら飲むことが大切です。

 

桃花スリムは1日1パックを200mlのお湯に浸した後、飲むことが推奨されています。

 

しかし、胃腸が弱い人がこの通りに飲むと、刺激が強すぎてお腹をくだす可能性があります。

 

なので、最初は抽出時間を1分くらいに短縮して飲むようにしましょう。

 

そうすることで、胃腸への負担が少なくなり、下痢や腹痛が起こる心配はありません。

 

そして慣れてきたら徐々に抽出時間を長くしていきましょう。

 

ご自分の体質に合わせて、濃さをを変えてくださいね。

 

桃花スリムを飲んだ人の口コミ